不正咬合の種類と原因


不正咬合の種類は大きく分けて下記のごとくなります。ただし一つの症状だけでなく、複数の症状が混在しているのが一般的でで、個々の歯の位置の不正を含めるととてもバラエティーに富んだものとなっています。


上顎前突症:


上顎が頭部基準点に対して前後的に前方に位置している本症例は、上顎前歯が前方に突出しているように見えます。日本人では比較的少ないものです。本症の原因は主に鼻呼吸ができないことによる口呼吸が継続したためで、さらにそれに起因して舌の位置が偏位して常に上顎の前歯を前方向に押すような働きをしているためです。


下顎後退症

下顎が頭部基準点に対して前後的に後方に位置しているもので、この症例も上顎前歯が前方に突出しているように見えますが、それは下顎に対して相対的なもので、実際は上顎前歯の位置は正常に近い場合が多くあります。日本人に比較的多く見られます。本症の原因も主に口呼吸と舌の位置が偏位しているため発生します。


上顎後退症

上顎が頭部基準点に対して前後的に後方に位置するこの症例は、相対的には下のあごと前歯が前方向に突出しているように見えるます。この症状は、上顎の成長不足の為発生しており、その原因は乳歯列期の反対咬合による上顎骨の長期成長抑制、またゲノム情報に関連している場合もあります。


下顎前突症


下顎が頭部基準点に対して前後的に前方に位置しているもので、下顎と下顎前歯が前方に突出しているように見え、上下前歯関係も反対咬合になっている場合が多い症例です。この症状は、下顎骨自体の過成長が主因であり、以前は多く見られましたが、最近では減少する傾向にあります。本症例の原因は上顎後退症と同様に乳歯列期の反対咬合による上顎骨の長期成長抑制、またゲノム情報に関連している場合もあります。



そう生症


顎の大きさ(キャパシティー)に対して歯が入りきらず、個々の歯が歯列から外れたり、バラバラ(乱杭、ジャム)な状態であるもので、上顎犬歯が外側に飛び出しているものが典型的な例として知られています。原因は基本的には顎の成長量の不足で、最近歯の幅(歯幅径)の巨大化も要因の一つになっています。特に顎の成長量は成長ホルモンの不足によって起こることが多く、全身的な運動量の低下に関係しています。



開咬症

上下額前歯が上下的に離開した状態で、臼歯部のみ咬合しているのが典型的です。 原因は、鼻呼吸ができないために起こる口呼吸で、そのために舌の位置が下方になり、ちょうど前歯で軽く咬める位置のため、昼夜日常的に舌を咬み続けることによる圧力が前歯を圧下するため発生します。また、咬む筋肉の力の低下も関連しています。

過がい咬合症

上下額前歯が上下的に深く咬んでいる状態で、前から見ると、下の前歯が上の前歯に大きく隠されている状態が典型的です。 原因は臼歯部の垂直的発育の不足(臼歯部低位咬合)で、ストレスなどで起きやすい夜間の強いかみしめが大きく影響しています。

 

空隙症

顎の大きさ(キャパシティー)に対して相対的に歯が小さいため、部分的あるいは広域的に歯と歯の間に空隙が存在するもので、上顎前歯部に起こりやすいものです。 原因は歯自体が先天的に小さいこと、顎自体が大きいこと、歯が欠損していること、かみしめがあること、などが考えられます。状態であるもので、上顎犬歯が外側に飛び出しているものが典型的な例として知られています。原因は基本的には顎の成長量の不足で、最近歯の幅(歯幅径)の巨大化も要因の一つになっています。特に顎の成長量は成長ホルモンの不足によって起こることが多く、全身的な運動量の低下に関係しています。