治療方針


治療の流れについて

  • 初診

    現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。そして、検査、治療の流れ、使用する矯正装置についてご説明いたします。
  • 検査

    レントゲン写真、歯の模型などの資料をお取りします。
  • 診断

    資料を基にして現在の状況を診断し、今後の治療方針・治療計画についてご説明いたします。
    ここで、以上の内容と治療費用を記載した契約書をお渡しいたします。
    そして、この治療計画にご同意いただいた後、治療を開始いたします。
  • 治療

    混合歯列期矯正治療
     乳歯と永久歯が混合している6歳~11歳頃は、顎の成長が3次元的(左右・前後・上下)にコントロールできるため、取り外しできる装置を主とした整形的な矯正治療を行います。
  • 永久歯列期矯正治療

     永久歯が生えそろう永久歯列期はマルチブラケット式矯正装置(ブレース)による歯の矯正治療を行います。当院では、透明で小さなブラケットを使用し、ワイヤーもホワイトコーティングしてあるものを常時使用しているため目立ちにくさが違います。

     治療終了後のリテーナーもクリアタイプのリテーナーなのでこちらも目立ちません。目立つのを気にされて矯正治療に躊躇されている方でもご満足いただけると思います。